前に戻る

BREAK SVC

BREAK SVCは走行中プログラムの実行を中断して、オペレーターに通知する、アセンブラー・プログラムのデバッグ機能です。

中断したプログラムのPSWおよびGPR(汎用レジスター)の内容は、メッセージでTSO端末またはコンソールのいずれかに通知されます。
実行中プログラムがTSOで実行されている場合、メッセージはログオン中のTSO端末に送られます。バッチ空間で実行中のジョブまたはSTCタスクの場合、メッセージはオペレーター・コンソールに送られます。表示されたリプライプロンプト(>>>)(コンソールの場合はリプライメッセージ)にコマンドを応答することで、実行中断時のレジスター内容を表示したり、プログラムが実行している空間内のメモリー内容の表示や書き換えを行うことができます。


プログラム実行を中断するためのプログラムサンプル

         L     RE,4(,RD)                LOAD CALLER SAVEAREA
         LM    RE,RF,12(RE)             LOAD GR14 AND 15 AT ENTRY
         SVC   202                      BREAK AT HERE
         B     EXIT0                    PROCESSING DONE
サンプルではSVC 202番を使用していますが、ユーザーSVC番号の範囲で任意の番号でインストール可能です。

出力パネルサンプル

           TSOプログラムのデバッグ             バッチプログラムのデバッグ

注意事項

このソフトウェアは無料でお使いいただけるフリーウェアです。以下の注意事項に了解された方のみ、ダウンロードしてご利用いただくことができます。

  • 著作権は放棄しません。
  • 本プログラムの利用によって生じた損害の責任は負いません。
  • 当社の許可なく配布、転載することを禁じます。
  • ご質問、ご意見は受けますが、サポートは行いません。
    本ソフトウェアのサポートサービス(別途有償)を必要とする場合は、弊社宛お問い合わせ下さい。 ソース・プログラムは添付してあります。改良、改修は、お客様にて自由に行うことができます。

ダウンロード

svcbreak_r302.lzh(z/OS,OS/390用)
    LHA形式の圧縮ファイルです。PCにダウンロード後、適当なフォルダに解凍して下さい。SVCBREAK.htmがリファレンス・マニュアルです。メインフレームへのインストール手順はマニュアルに記載されています。