前に戻る

READCAT

カタログのリスティング・プログラムです。カタログの移行、JOBCAT廃止のための調査用ツールとしてAMSのLISTCAT VOLUMEの代わりに利用できます。

指定したカタログに登録されているデータセットごとに、名前、ボリューム名、装置タイプを1行に編集して出力します。必要とされる情報がコンパクトにまとまっており、見やすいリストになっています。また出力リストはCSV形式になっているので、PCにダウンロードすればExcelで自在に加工できます。


実行JCLサンプル

//READCAT  EXEC PGM=READCAT,PARM='USR1.VRPKCAT'
//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=TOOL.LOADLIB
//SYSPRINT DD SYSOUT=C
//SYSLIST  DD SYSOUT=C
//

出力リストサンプル

           SYSOUT表示                    CSVとしてExcelで表示

注意事項

このソフトウェアは無料でお使いいただけるフリーウェアです。以下の注意事項に了解された方のみ、ダウンロードしてご利用いただくことができます。

  • 著作権は放棄しません。
  • 本プログラムの利用によって生じた損害の責任は負いません。
  • 当社の許可なく配布、転載することを禁じます。
  • ご質問、ご意見は受けますが、サポートは行いません。
    本ソフトウェアのサポートサービス(別途有償)を必要とする場合は、弊社宛お問い合わせ下さい。 ソース・プログラムは添付してあります。改良、改修は、お客様にて自由に行うことができます。

ダウンロード

readcat_r12.lzh(z/OS,OS/390用)
readcat_r11.lzh(MSP,VOS3用)
    LHA形式の圧縮ファイルです。PCにダウンロード後、適当なフォルダに解凍して下さい。READCAT.pdfがリファレンス・マニュアルです。メインフレームへのインストール手順はマニュアルに記載されています。