前に戻る

PM(Program Monitor)

PM(Program Monitor)は、TSO/ISPFのコマンド・シェルの基で実行されるプログラムのインタラクティブ・デバッガーです。デバッグ対象のプログラムは、PMによって制御されるサブタスクとして実行されます。

PMにはプログラムの実行を中断するブレーク機能があり、任意の位置(SVC命令(SVC 202)の埋め込み)もしくはABEND時にプログラムの実行を中断して、内蔵されたSV(Storage Viewer)機能によってその時点のPSWや汎用レジスターおよび実行中プログラムのメモリー内容がISPFパネルで表示されます。

PMと内蔵されたSV機能によって、面倒なダンプ解析に代わりパネルに表示されるレジスター内容と仮想メモリー内のデータによって効率的なアセンブラー・プログラムのデバッグが可能になります。また、出口ルーチンなどをメンテナンスするなどで、アセンブラー・プログラミングのスキルを向上させたりする際のプログラミング・ツールとして利用すれば、簡単にCPU命令やAPIマクロの動きや実行結果を見ることができ、より効率の良い学習に有用です。


表示パネルサンプル


注意事項

このソフトウェアは無料でお使いいただけるフリーウェアです。以下の注意事項に了解された方のみ、ダウンロードしてご利用いただくことができます。

  • 著作権は放棄しません。
  • 本プログラムの利用によって生じた損害の責任は負いません。
  • 当社の許可なく配布、転載することを禁じます。
  • ご質問、ご意見は受けますが、サポートは行いません。
    エンハンスやバグ対応などは弊社側のスケジュール等に基づき行います。
    本ソフトウェアのサポートサービス(別途有償)を必要とする場合は、弊社宛お問い合わせ下さい。

ダウンロード

pm_r10.zip(z/OS用)
    ZIP形式の圧縮ファイルです。PCにダウンロード後、適当なフォルダに解凍して下さい。「PMオペレーション・ガイド.htm」がリファレンス・マニュアルです。お使いのWebブラウザーで参照して下さい。メインフレームへのインストール手順は「PMインストール・ガイド.pdf」に記載されています。